マイルに関するお得な情報をGET!

ホテル系クレジットカードのおすすめ7選!メリット・デメリットから選び方まで解説

ホテル系クレジットカードのおすすめ7選!メリット・デメリットから選び方まで解説
PrimeTravel編集部

今回は、「ホテル系クレジットカードのおすすめ7選!」としてお伝え致します。
現在、本当に色々なクレジットカードがあります。
ですので、何が良いのか?今、持っているクレジットカードは、有効に使えているのか?
そんな疑問もあると思います。
ですので、その疑問が解決できるように詳しく色々な角度でお伝え致します。

ホテル系クレジットカードのおすすめ7選!

まずは、私たち夫婦がお伝えする「ホテル系クレジットカードのおすすめ7選!」です。
これは、あくまで私たち夫婦の主観が入ってるので、最後はご自身でご判断下さい。
現在は、色々なクレジットカードがあります。
だからこそ、本当にどのクレジットカードが自分に合っているのか?色々と迷われる場合が多いと思いますので、特徴を分かりやすくまとめてみました。
是非、自分に合ったクレジットカードを選んでくださいね。
ヒントは、一般的な意見に流されるのではなく「自分に合った」ということが「キーワード」になります。
その為には、まずは「クレジットカードを理解する」ことです。
そして、自分の「暮らし方」や「使い方」にどれがピッタリなのかを選ぶことが重要です。
※周りに合わせないでくださいね!これが非常に重要になります。
大衆に合わせる必要は何もないです。

このマインドが非常に重要になります。

クレジットカードのおすすめの決め方です。

  1. クレジットカードを理解する
  2. 自分の「暮らし方」や「使い方」を整理する
  3. 自分に合ったクレジットカードを決める
  4. 使ってみる!
  5. 使って合わないようなら変えてみる!
  6. 「3〜5」を繰り返す

これが自分に合ったクレジットカードの決め方になります。

以上を踏まえて今回のおすすめ7選は、下記になります。

  • マリオットボンヴォイアメックスカード
  • マリオットボンヴォイアメックス・プレミアムカード
  • アメックスプラチナカード
  • アメックス・ゴールド・プリファードカード
  • セゾンプラチナ・アメックスカード
  • ヒルトン・オナーズアメックスカード
  • ヒルトン・オナーズアメックス・プレミアムカード

では、クレジットカードを詳しく説明していきます。

カードマリオットボンヴォイ
アメックスカード
マリオットボンヴォイ
アメックス・プレミアムカード
アメックス
プラチナカード
アメックス
ゴールド・プリファードカード
セゾンプラチナ
アメックスカード
ヒルトン・オナーズ
アメックスカード
ヒルトン・オナーズ
アメックス・プレミアムカード
年会費
(税込)
23,100円49,500円165,000円39,600円22,000円16,500円66,000円
家族カード1枚無料
2枚目以降11,550円(税込)
1枚無料
2枚目以降24,750円(税込)
4枚まで無料2枚無料
3枚目以降19,800円(税込)
1枚につき3,300円(税込)1枚無料
2枚目以降6,600円(税込)
3枚無料
4枚目以降13,200円(税込)
ポイント還元率2.0%~4.0%3.0%~6.0%0.3~3.0%1.00%~3.00%0.75~1.0%0.50%~0.75%0.75%~1.75%
付与される会員資格Marriott Bonvoy「シルバーエリート」Marriott Bonvoy「ゴールドエリート」1. ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス
2. Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格
3. プリンスステータスサービス プラチナメンバー
4. Radisson Rewards Premiumステータス
プリンスホテル「ゴールドメンバー」ヒルトンオナーズ「ゴールドステータス」ヒルトンオナーズ「ゴールドステータス」
主な特典・100万円決済でMarriott Bonvoy「ゴールドエリート」取得
・毎年、決済額が150万円以上で継続時35,000Pプレゼント

・400万円決済でMarriott Bonvoy「プラチナエリート」取得
・毎年、決済額が150万円以上で継続時50,000Pプレゼント
・24時間365日コンシェルジュ・サービス
・カード更新時に無料宿泊券プレゼント
・ホテルメンバーシップ上位ステータス取得
・ファインホテルアンドリゾートプログラム
・200万円以上決済で無料宿泊券プレゼント
・ポケットコンシェルジュ ダイニング20%キャッシュバック
・厳選されたレストランでコース料理1名無料
・JALのマイルが最大1.125%の還元率
・24時間365日コンシェルジュ・サービス
・厳選されたレストランでコース料理1名無料
・プライオリティ・パス無料登録
・150万円以上の決済で継続時にウィークエンド無料宿泊券プレゼント
・HPCJ年会費ご優待
・200万円決済以上でヒルトンオナーズ「ダイヤモンドステータス」取得
・カード更新時にウィークエンド無料宿泊券プレゼント(300万円以上の決済でもう1枚プレゼント)
・HPCJ年会費初年度無料

必ず150万円決済!│マリオットボンヴォイアメックスカード

このカードをおすすめする人は

  • 毎年、決済額が150万円以上で400万円未満の人
  • 100万円決済でマリオットゴールドステータスが欲しい人

このカードを持つなら150万円決済をクリアーして下さい!
150万円以上で初めて更新時期に無料宿泊ポイント35,000ポイントを頂く事ができます。

そして、100万円決済でマリオットゴールドステータスが欲しい人には、一番良いカードになります。
ただ、マリオットのゴールドエリートステータスでは、実際にはサービスがモノ足らないようにも思います。
ですので、やはり150万円決済を目指す方がベストです。
100万円以下の決済なら他のカードの方が良いと思います。

プラチナを狙おう!│マリオットボンヴォイアメックス・プレミアムカード

このカードをおすすめする人は

  • 毎年、決済額が150万円以上で400万円以上の人
  • マリオットプラチナステータスが欲しい人
  • ポイントをホテルにも飛行機にも使いたい人

このカードを持つ人で多くは、400万円決済を目指されている方が多いと思います。
やはり、400万円決済でプラチナステータスが頂けるのは非常に大きい恩恵だと思います。
そして、このカードの一番の特徴は、ホテルポイントや飛行機のマイルにも変えられる点にあります。
ある意味、万能カードと言っても良いでしょう!
しかも、ANAよりJALのマイルに変える人にとっては、ベストの選択だと思います。
ANAマイルの場合は、違うカードの方がマイルが貯まります。

ですので、私たち夫婦はこのカードは持っていますが、マイルは別の違うカードで貯めています。

ただ、150万円決済でカード継続時に無料宿泊ポイント50,000ポイントが頂けるので、非常にありがたいカードでもあります。
これだけで、年会費以上の恩恵があります。
非常に優れたカードと言えると思います。

ステータスの王道!│アメックスプラチナカード

※出典元:AMEX「プラチナ・カード®

このカードをおすすめする人は

  • マリオットプラチナステータスと同様のような恩恵が欲しい人

このカードは、プラチナカードの王道だと言えるでしょう!
プラチナカードと言えば、アメックスのプラチナ!と言われるぐらい知名度の高いカードであり、ステータス性もあるカードです。

この1枚でホテルメンバーシップ上位ステータス取得が可能になります。

<ホテルメンバーシップ一覧>

  • ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス
  • Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格
  • プリンスステータスサービス プラチナメンバー
  • Radisson Rewards Premiumステータス

これは、有難いですね!

しかも、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」が付いています。
下記が特典になります。

■特典内容

  • 客室アップグレード*1
  • 12:00からのアーリーチェックイン
  • 午後4時までのレイトチェックアウト確約
  • 2名様分のご朝食
  • 100米ドル分のエクスペリエンスクレジット

これだけ付いていると、マリオットのプラチナ同様の特典になります。
無理をしてプラチナを取るより、アメックスプラチナを持てば、修行もせずにマリオットプラチナ同様のステータスが手に入ります。
しかも、マリオットだけではなく、コンラッド 東京/大阪、ザ・リッツカールトン ニセコ/日光/東京/京都/大阪/沖縄、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都、イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古、他国内の計40ホテルを選ぶ事ができます。
見方を変えると、ホテルを飛び越えた予約ができるカードになります。

やはりプラチナの王様とも言えるカードです。
これは、おすすめのカードです。

無料宿泊特典狙い!│アメックス・ゴールド・プリファードカード

アメリカンーエキスプレスーゴールドープリファード
ーカード
※出典元:AMEX「アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・プリファード・カード

このカードをおすすめする人は

  • 新規のアメックスゴールドにしたい人

カードの位置付けとしては、以前のアメックスゴールドカードとアメックスプラチナの間のカードになります。
言い換えると、新しい「アメックスゴールドカード」になります。

以前のアメックスゴールドカードの進化版と言えるでしょう。
200万円決済で、無料宿泊特典の「フリー・ステイ・ギフト」も頂く事ができます。
ポケットコンシェルジュで20%キャッシュバックもあります。
(ただ上限が10,000円ですので、これはモノ足らないですね)

ゴールド・ダイニングby招待日和は、そのまま継続ですので、レストランを2名予約時に1名分のコースが無料になるのは、有難いと思います。

以前より、年会費は若干上がりましたが、その分サービスも良くなったと言えます。
ですので、このカードもおすすめのカードの1つですね!

年会費を安く抑えたいなら!│セゾンプラチナ・アメックスカード

セゾンプラチナーアメリカンーエキスプレスーカード
※出典元:SAISON AMERICAN EXPRESS® CARD「Platinum

このカードをおすすめする人は

  • 年会費を安く抑えたい人
  • 飛行機のLALのマイルを貯めている人

このカードは、まずは飛行機のJAL派の方が良いカードだと思います。
マイルの還元率も良いですし、年会費もリーズナブルですし素晴らしいカードですね。
しかも、この年会費で「プラチナ」です。
ありえないですね!
家族カードも1枚3,300円で発行できます。
素晴らしいカードです。
プラチナですので、24時間365日コンセルジュサービスもついています。

しかし、ANA派の方には、あまりお勧めはできないカードになります。
しかも、先程のアメックス・ゴールド・プリファードカード同様にレストランを2名予約時に1名分のコースが無料にもなります。
年会費が安いので、すぐに年会費分を回収できるカードです。
このカードもおすすめのカードになります。

16,500円で年中朝食無料!│ヒルトン・オナーズアメックスカード

このカードをおすすめする人は

  • ヒルトンのゴールドステータスが欲しい人
  • ヒルトンの朝食を年間無料で頂きたい人

このカードは、ヒルトンのゴールドステータスを、カードを持つだけで自動で取得する事ができます。
年会費16,500円を支払うだけで、「ゴールドステータス」ですよ。
最高ですね!

ゴールドステータスを頂くと、ヒルトンの朝食が年中無料(日本国内がメイン)になります。
しかも、2名でホテルに宿泊した時は2名分が無料になります。
凄い事ですね!
※ただ、世界の動きが朝食をやめる方向に動いています。アメリカなどでは、ホテルクレジットに変わってきているので、日本にもいつかはその流れが来ると思います。

そして、ヒルトンはゴールドステータスも部屋のアップグレードがあります。
その時に、クラブフロアーにアップグレードされれば、ラウンジも使うことができます。
これは、あくまで確率の話ですが、もし上がると素晴らしいですね!
ラウンジが使えると、ホテルライフの幅が広がります。
年会費も安くて、朝食も付いて、もしかしたらラウンジも付く可能性がある。
やはり、おすすめのカードと言えるでしょう!

ダイヤモンドを狙おう!│ヒルトン・オナーズアメックス・プレミアムカード

このカードをおすすめする人は

  • ヒルトンのダイヤモンドステータスが欲しい人
  • 毎年、決済額が200万円以上できる人
  • 年間30滞在or60泊or12万ベースポイント以上できる人

このカードは、やはりヒルトン「ダイヤモンドステータス」を狙いたいですね。
年間200万円の決済でダイヤモンドステータスが手に入ります。
ダイヤモンドになると、ラウンジをいつでも使う事ができますし、当然朝食も付いてきます。
しかも、部屋のアップグレードでスイートルームになる可能性もあります。
これは、魅力的ですね。

ただ、ヒルトンのホテルに特化している人にとっては良いカードと言えると思います。
何故なら、ヒルトンカードのポイントは、マイルにも変えられるのですが、あまりにも還元率が悪いので、マイルにはおすすめはできないです。
そのカードで、200万円を決済するので、違うクレジットカードの決済額が下がってしまうのが難点です。
ですので、本当はダイヤモンドは「宿泊or滞在」でクリアーする方が一番ベストの選択だと思っています。
それでも、ヒルトン1本に絞ってる人には、おすすめのカードになります。

ホテル系クレジットカードを利用するメリット

クレジットカードは、色々な所から発行されています。
発行されている系列によってサービスが色々と分かれています。

その中でも、ホテル系のクレジットカードは、ホテルに特化したサービスが多いと思って頂いたら良いかと思います。
ですので、ホテル系のクレジットカードで人気があるのは、2つになります。

  • マリオットグループ系のマリオットボンヴォイアメックスカード
  • ヒルトングループ系のヒルトンオナーズアメックスカード

宿泊料金割引

クレジットカードを持ち決済すると割引があるホテル予約サイトがあります。
これは、ホテルの公式サイトではなく、予約サイトが主流になります。
この場合、一旦リーズナブルに宿泊できても色々なことをトータルで考えると、非常にもったいないと思います。
ですので、おすすめは「ホテルへの直接予約」をおすすめいたします。

どのホテルグループでもほとんどは無料でメンバー登録することができます。
そして、メンバー登録することで会員の割引の宿泊料金割引で宿泊できるので、是非、メンバーになることを強くおすすめ致します。
現在は、色々な予約サイトがあり色々な宿泊プランが出されている場合がもありますが、長期的な目線で見ると、必ずメンバーになり、宿泊割引料金で宿泊している方がベストだと思います。

無料宿泊特典

ホテル系のクレジットカードを利用する大きなメリットのの一つが「無料宿泊特典」になります。

これは、クレジットカードにより「無料宿泊特典」を頂ける方法は異なりますが、通常はカード更新時期に頂くことができます。
これだけで、ホテル系のクレジットカードを持っている意味もあると思います。
※ただ、クレジットカードによって最低限の決済額を設けている場合はあるので、ご注意ください。

ポイント優待

ホテル系のクレジットカードは、そのグループホテル系列のホテルで支払いすることで、一番ポイントを貯めることができます。
これは、宿泊してもレストランでもポイントは付きます。
そして、ホテルステータスが上がるほど頂けるポイントは、増額します。
ステータスが上がるほど、ドンドンとポイントが貯まる仕組みになっています。
※頂けるポイント数は、ホテルグループによって色々ですので、各ホテルグループをご確認ください。

客室のアップグレード

ホテル系のクレジットカードを利用する大きなメリットの一つでもあるのが「客室のアップグレード」です。
これは、多くの方が望んでいることだと思います。
一番リーズナブルの客室料金で宿泊して「スイートルーム」や「クラブフロアー」や「少し大きめの部屋」や「眺めの良い部屋」などにアップグレードされる可能性があることになります。
しかも、ホテルのステータスが上がるほど一般的にアップグレードされる可能性が高くなりますし、スイートルームなどの部屋になる可能性も高くなります。
※これは、各ホテルの規約によって、どこの部屋までアップグレード対象なのかが決まっているので、ご確認ください。

レイトチェックアウト・アーリーチェックイン

よく聞く言葉に「レイトチェックアウト」と「アーリーチェックイン」という言葉があると思います。
これを1つずつ説明しますね。

  • レイトチェックアウト

これは、通常のチェックアウトの時間を無料で伸ばせるという事になります。
簡単に言うとホテルに長く滞在できる時間が増えます。
本当に有難いサービスです。
ホテルグループやステータスによっては、16時までレイトチェックアウトができるホテルもあります。
※ただ、これはホテルやホテルグループのステータスによって変わってくるので、各ホテルの規約を確認して下さい。

  • アーリーチェックイン

これは、通常より早くチェックインできるという意味になります。
これも、当然ホテルに長く滞在できる時間が増えます。
本当に有難いサービスです。
私たち夫婦も海外で飛行機が早く着いたので、朝の9時にチェックインしたこともあります。
※「レイトチェックアウト」と「アーリーチェックイン」の両方に言えることですが、あくまでホテルの体制が整った時にして頂けるということになります。
ですので、宿泊状況によって変わることがありますし、ステータスによっても変わりますので、これも規約をご確認ください。

デポジットに対応可能

デポジット?何?と思われた方もいると思うので、「デポジット」とは何かをお伝えしますね。
デポジットとは「預かり金」や「保証金」のことになります。
日本では馴染みが少ないかもしれないですが、海外では一般的なことです。
ホテルで言えば、ホテルの宿泊費やレストランの食事代を精算しないまま帰ってしまう場合、問題になりますよね。
それを防ぐために料金の一部を最初に預かっておくということです。
だからこそ、チェックアウト(精算時)の際には、デポジット分が戻ってきているか?を確認しといて下さいね。
チェックインの際にクレジットカードを出す時があると思います。
あれが「デポジット」になります。
しかし、その時に「預かり金」を頂かない場合もあります。
クレジットカードの番号を登録だけする時もあります。
ホテル側からすれば、クレジットカードの番号がわかれば、もし精算せずに帰られても対応ができます。
ですので、クレジットカードを持っているだけで、信用性が上がりますし、メリットがあるわけです。
※海外の場合は、特にデポジットに応じない場合は、サービスが受けられない場合もありますので、お気をつけ下さい。

充実した旅行損害保険

クレジットカードには、色々なサービスがついています。
その中の一つに旅行損害保険があります。
旅行損害保険とは、旅行中に起こったケガや死亡や治療費などを補償する保険になります。
ただし、色々な条件がある場合もあります。

  • 国内だけで使えるのか?海外も使うことができるのか?
  • クレジットカードを持っているだけで付く「自動付帯」なのか?
  • クレジットカードで旅行代金などを支払った場合などの特定の条件がついている「利用付帯」なのか?

他にも色々と条件が付いている場合があります。
どのような時に使えるのか?は、カード会社によって対応範囲が色々とありますので、是非それぞれのクレジットカードの規約を読み込んで下さいね。

付帯施設での優待

クレジットカードを持っているだけで優待を受けられるカードもあります。
例えば、「ヒルトン・オナーズアメックスカード」は、ヒルトンのゴールドステータスを頂けるので、ヒルトンでの宿泊時には朝食無料(2名予約時2名共)になります。(現在は日本のみ)
アメックス・ゴールド・プリファードカード」の場合は、ラグジュアリーホテルのレストランで、条件はありますが20%キャッシュバックもあります。

ホテル系クレジットカードを利用するデメリット

ホテル系クレジットカードには、メリットが多いのですが、あえて比較するためにデメリットという表現でお伝えしようと思います。
ただ、私たち夫婦は、これをデメリットと思ったことは一度もないです。

年会費が高い

年会費ですが、よく無料のクレジットカードがあります。
確かにそれと比べると年会費は高くなります。
ですが、どこのラインから高いということになるのかも、人それぞれです。
その代わりに、付いてくるサービスは計り知れないです!
賛否両論あると思いますが、良い部分に眼を向けることが非常に大切だと思います。
あえて、こういう書き方をさせて頂きました。
何故なら、全ては日頃のマインドが出てくるからです。
毎日、デメリットを考えていると、デメリットが先に立ち行動が遅れます。
そして、チャンスを逃してしまうことも多々あります。
だからこそ、認識することは大切ですが、本当にデメリットなのか?
一度、考えて下さい。
大衆に惑わされないで下さいということです。
だからこそ、自分に合ったクレジットカードを見つけて下さいということになります。
そして、クレジットカードは、自分自身を引き上げてくれる道標にもなっています。
通常の目線ではなく、今回はあえて違う目線でお伝え致しました。
何故なら、最近よくクレジットカードのことで相談を受ける機会が多く、多くの方の質問が自分に合ったクレジットカードを見つけたいというお声をお聞きするからです。

全ての問題は、マインドから起こっています。

優待のホテルが限られる

これは、当然のことですね。
ホテルもお客様を囲い込んでいたいからこそ、自分のホテルグループのクレジットカードを発行しています。
ですので、ホテルグループが発行しているクレジットカードをそのホテルグループ以外で使うとサービス(恩恵)が極端に下がります。

例えば

  • マリオットボンヴォイカードならマリオットグループ
  • ヒルトンオナーズカードならヒルトングループ

やはり、これが一番サービスが受けれることになります。
このようにホテルグループから出ているカードは、そのホテルグループで使って下さいね。

そして、クレジットカードからホテル選びをするのではなく、自分自身が好きなホテルを決めて、クレジットカードを選んでいくことをおすすめ致します。
何故なら、本当に宿泊したいホテルに宿泊することが一番大切だと思うからです。

あえて言わせて下さい!

クレジットカードに振り回されるな!

ホテル以外では還元率が低め

やはり、ホテルグループから発行しているクレジットカードですので、ホテルで使うことが一番サービス(恩恵)を受けられます。
しかし、クレジットカードを全てホテルだけで使うことはできないのが現状です。
ですので、日常が非常に大切になります。
日常でクレジットカードをいくらぐらい決済するのか?日常でどれくらいのポイントが貯まるのか?
これは、確認しといて下さいね!
※クレジットカードの一般的なポイント還元率は、0.5%とも言われていますが、それ以下の還元率もあるので、ご注意ください。

ホテル系クレジットカードの選び方

ホテル系のクレジットカードの選び方をお伝えします。
これは、一般的な方法ではなく、「あなたに合ったホテル系クレジットカードの選び方」になります。
ですので、まずは「自分がどこのホテルグループが好きなのか?」これを決めることです。
ラグジュアリーホテルならどこでも良いと思っていると、クレジットカード選びで自分に合ったクレジットカードを選べなくなってしまいます。

私たち夫婦は、マリオットボンヴォイアメックスカードは持っていますが、マリオットに宿泊したいという気持ちはあまりないです。
しかし、リッツ・カールトンには宿泊したいです。
その為だけに、アメックスボンヴォイカードを持っています。
だから、アメックスボンヴォイカードを持っていても多くの方がされる使い方と違います。
ですが、これが私たち夫婦の場合は、マリオットアメックスの一番合っている使い方なのです。
それに対して、何も迷いがないのです。
何故なら、次から次へとクレジットカードは出てきます。
その度に、自分に合っているのか?不安になってしまったり、迷ったりしていたら、クレジットカードに振り回されて、本末転倒になります。
これは、人生においても同じです。

クレジットカードに振り回されるな!

あくまでクレジットカードは、道具です。
ですので、その道具を自らが使うことが重要です。
大切なのは、クレジットカードではなく、あなた自身なのですから!

ポイント還元率の高いカードを選ぶ

先程もお伝えしましたが、まずは自分が好きなホテルグループを選ぶ!
その後にそのホテルグループの還元率の高いカードを選ぶという順番になります。

ポイント還元率の高いカードを選ぶ順番

  1. 自分が好きなホテルグループを選ぶ!
  2. そのホテルグループの還元率の高いカードを選ぶ

この順番を間違わないでくださいね!

そして、ポイント還元率の良いカードほど、年会費が高くなるのが一般的です。
ですので、最初からポイントを貯めて、どこに宿泊したいのか?
これが明確になっていると選びやすいと思います
例えば、リッツカールトンに宿泊したいなら、それなりのポイントが必要になります。
ですので、還元率の良いカードを選ぶ方がお得になりますし、早くリッツカールトンに宿泊できると思います。

利用するホテルの頻度で選ぶ

この場合は、住んでいる場所的な問題や好きなホテルグループの問題が重なってきます。
しかし、住んでいる場所から近いから選ぶのではなく、やはり好きなホテルから選んで頂きたいですね!
好きなホテルではないのに、頻度だけから選ぶと非常にもったいないです!
それこそ、ポイントを無駄にしていることになります。
年に1回でも良いです!自分の好きなホテルに宿泊して下さい。
必ず自分自身が喜びますし、気力が充実しますし、それがきっかけとなり人生が飛躍していくのではないでしょうか?
大切な人生です。
振り回されることなく、本当に好きなホテルに宿泊して下さいね。
少し離れた所に行くのも「旅」の面白さですし、その道中も楽しいものになると思います。

旅行に強いクレジットカードを選ぶ

多くの方は、旅行が大好きだと思います。
ホテルに宿泊するのも「旅行」の一つですね!
ある意味、人生は「旅行」と言っても過言ではないです。
それだけ、私たちは「旅行」が好きだと思います。
その「旅行」に強いクレジットカードを選ぶと安心できますよね。
イコール人生が安心できると言っても過言ではないです。
それだけ「旅行に強いクレジットカード」を選ぶことは大切だということです。

その代表例が「アメリカンエキスプレス」が発行しているクレジットカードは、比較的旅行に強いクレジットカードだと言われています。

上位クラスのクレジットカードを選ぶ

上位クラスのクレジットカードは、一般的なクレジットカードよりサービスが充実しています。
そして、年会費も一般的なクレジットカードよりも高く設定されています。
ですが、それ以上にサービス(恩恵)があるカードが非常に多いです。
ですので、自分自身がどのサービス(恩恵)を頂きたいのかを明確にすることで、クレジットカードを選ぶときに迷わなくなります。
一番は、クレジットカード自体のステータスで選ばないことです!
何の目的でどのクレジットカードを持つのか?」これを明確にすることで、クレジットカードを使いこなせると思います。

まとめ

今回は、ホテル系クレジットカードのおすすめ7選!としてお伝えしました。
一般的な意見ではなく、少し違う角度から踏み込んだ内容でお伝えしました。
一般的な意見に惑わされるのではなく、自分に一番合ったクレジットカードを選んでください。
それが、クレジットカードで一番大切なことです。
何のクレジットカードを持つかではなく、「自分にピッタリのクレジットカードを持つことの方が一番重要」です。

クレジットカードに使われるな!

クレジットカードを使いこなそう!

これが一番重要になります。
そのためには、自分自身が何を求めているかを明確にすることです。
何でもそうですが、明確にすればするほど現実になる確率が高まります。
ぼんやりと思っているだけでは、現実になるのは程遠いです。
ですので、是非、強い意志でクレジットカードに望むものを明確にして下さい。

何故マリオットボンヴォイカードなのか?
何故、アメックスプラチナカードなのか?
何故、アメックス・ゴールド・プリファードカードなのか?
何故、セゾンプラチナ・アメックスカードなのか?
何故、ヒルトンオナーズカードなのか?

そこに自分は何を求めて、クレジットカードを持ったのでしょうか?
これが一番大切です。
ですので、まずは「自分自身を大切」にして下さいね。
それが、クレジットカード選びで一番重要なポイントです。

最後までお読みくださり誠に有難う御座いました。
365日ホテル暮らしの夫婦より

ABOUT ME
PrimeTravel
PrimeTravel
プライムトラベル編集部
PrimeTravelでユーザーの皆さんだけではなく家族や恋人などの人生も旅を通して豊かになれば幸いです。 最高の旅行ができるよう旅行に関する情報を多く発信して日本の旅行業界に貢献していきます。
記事URLをコピーしました