マイルに関するお得な情報をGET!
JALマイル

2023年JALのFOPキャンペーン本命3つ|フライオンポイント最大2倍

2023年JALのFOPキャンペーン本命3つ|フライオンポイントが最大2倍
PrimeTravel編集部

JAL国際線FOP2倍キャンペーンが発表されました。

この記事では、私のような会社員の方でまとまった休みが取れないよーという方でも国際線のキャンペーンをうまく効率的に活用できる方法も考察していますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

キャンペーン以外で効率的にFOPを貯めて、JALの上級会員資格であるJGC(JALグローバルクラブ)に入会するためのコツ、いわゆるJGC修行のポイントや最安ルートを別記事にまとめているため、そちらも参考にしてみてください。

JALで開催中のFOPキャンペーン一覧【2023年最新】

2023年に実施されているJAL FOP(FLY ONポイント)キャンペーン。

JAL修行にとってキャンペーンをいかに上手に活用するかが大切です。

キャンペーンを確認していきましょう!

キャンペーン名キャンペーン内容開催期間
JAL国際線 FLY ON ポイント2倍キャンペーンフライオンポイントが2倍になる期間限定キャンペーン
※2023年下期は国際線限定
2023年7月13日(木)
~12月31日(日)
初回搭乗5,000FOPプレゼントキャンペーン毎年1回目の搭乗には5,000FOPをプレゼントするキャンペーン
※JALカード会員限定
2023年1月1日(日)
~12月31日(日)
搭乗ボーナス最大400FOP通常のFOPに加えて料金種別によって最大400FOPがもらえるキャンペーン
※常時提供
期間未定

JAL国際線 FLY ON ポイント2倍キャンペーン

出典:JAL「JAL国際線 FLY ON ポイント2倍キャンペーン

JALからもANAに追従する形で国際線FLY ONポイント2倍キャンペーンが発表されました。このキャンペーンについて説明します。

対象期間は、2023年7月13日(木)から12月31日(日)までとなっていて、ANAと同じく今年の下期ほぼ全期間が対象です。

キャンペーンの内容としては読んで字のごとく、国際線でFOPが通常の倍たまりますよ。というものです。JALホームページにあげられている例は、東京-ニューヨークをエコノミー(予約クラスH)で搭乗した場合で、通常 5,117ポイントのところが単純に2倍の10,234ポイントたまるというものです。後ほど、キャンペーンの目玉である国際線2倍キャンペーンについて、獲得できるFOP数の事例を用いながら、少し複雑な国際線のFLY ON計算方法とおススメのルートを解説します。

初回搭乗5,000FOPプレゼントキャンペーン※JALカード会員限定

次は、JALカード会員限定の初回搭乗5,000FOPプレゼントキャンペーンです。ここのところ毎年継続されているキャンペーンで、2023年も継続になりました。

こちらもキャンペーン登録が必要です。公式エントリーページから忘れずに登録しましょう。

初回搭乗5,000FOPプレゼントキャンペーンは初回搭乗後でも登録できますので、あとからでも大丈夫です。

JGCへの加入資格が得られるJALのJMBサファイア到達を目標にするであれば、50,000FOP必要なところが45,000FOPになります。

いつもありがたく活用させていただいているキャンペーンですね。

羽田-沖縄 クラスJ 特割1往復以上のFOPがもらえるので非常に大きな効果があります。

搭乗ボーナス最大400FOP※常時提供

JALでは今年も特定の運賃で搭乗した時に搭乗ボーナスが最大400FOP加算されます。

年間を通じて、常時提供されるキャンペーンです。

【国内線の場合】

国内線で加算されるボーナスFOPと対象の運賃は以下表のようになります。4月12日以降以下のように変更になっています。

セイバーとスペシャルセイバーが同じ200ポイントになっていますので、事前に日程がわかっている場合はスペシャルセイバーで予約できればお得感が増しています。日程変更などが想定される場合は、株主割引をうまく活用しましょう。株主優待券は金券ショップなどやネットで売られていますので、必ずしも株主になる必要はありません。

搭乗ボーナス FLY ON ポイント運賃種別
400ポイントフレックス、JALカード割引、ビジネスフレックス、離島割引、特定路線離島割引、株主割引
200ポイントセイバー、スペシャルセイバー、往復セイバー
0ポイントプロモーション、スカイメイト、当日シニア割引、特典航空券、個人包括旅行運賃、包括旅行運賃、団体割引運賃、学校研修割引運賃など

【国際線の場合】

国際線の運賃種別とFOPボーナスは以下の表のようになっています。

搭乗ボーナス FLY ON ポイント運賃種別
400ポイント航空券のCLASS欄に「F」「A」「J」「C」「D」「X」「I」「W」「R」「E」「Y」「B」「H」「K」「M」「L」「V」「S」と印字されているもの
※募集型企画旅行をご利用の場合は対象外
0ポイント上記以外の運賃(個人包括旅行運賃など)

FOP2倍キャンペーンのFLY ONポイントの計算方法

それではここからキャンペーンの目玉である国際線のFOP2倍キャンペーンのFOPの計算方法について解説していきます。

JALのFOPの計算は以下の式で計算されます。

国際線で少し複雑なのがフライトマイルの計算方法です。フライトマイルとは、出発地と到着地の距離に当たる区間マイルに予約クラスごとの積算率をかけたものになります。

国際線ではエコノミークラス・ビジネスクラスといったクラスだけではなく、予約クラスによってこの積算率が異なり以下の表のようになっています。予約時に予約クラスは見ることができます。国際線で効率的にFOPを貯めるにはこの予約クラスに注意する必要があります。複雑だなぁと思うかもしれませんが、後ほどおススメを具体的な例とともに解説していますので読み進めていってもらえればいいと思います。

利用運賃カテゴリー航空券面上のクラス(予約クラス)積算率
ファーストクラスF・A150%
ビジネスクラス1J・C・D・I125%
ビジネスクラス2X70%
プレミアムエコノミー
エコノミークラス1
W・R・Y・B100%
プレミアムエコノミー
エコノミークラス2
E・H・K・M70%
エコノミークラス3L・V・S50%
エコノミークラス4O・Z・G・Q・N30%

次にFLY ONポイント換算率というのは、JAL便のアジア・オセアニア線、ウラジオストク線は換算率が1.5倍になりますよ(ちなみに国内線は2倍です)というものです。ですので、アジア・オセアニア線が効率的にFOPをためやすいということになりますね。

ここまでに国際線のFOPの計算方法を解説しましたが、今回の国際線の2倍キャンペーンでは搭乗ボーナスを含めた部分すべてのFOPが2倍の対象になります!!大阪発着の上期のキャンペーンではボーナスの400ポイントは2倍の対象外だったので、今回のほうがインパクトが大きく、単純に通常獲得できるポイント数の2倍のFOPがもらえます。

以下の効率的なFOPの貯め方のところで、具体的な計算方法をJALホームページのFOPを計算できるページの情報もふまえて解説します。

FOPキャンペーンを活用した効率的なフライオンポイントの貯め方

5,000FOPのJALカード初回搭乗キャンペーンは登録するだけなので、絶対にもらいましょう。搭乗ボーナスキャンペーンも4/12以降シンプルになり、特に注意が必要なところもなくなりましたので、今回の記事では国際線2倍キャンペーンをできるだけ最大限活かして効率的にFOPを貯める方法を中心に考察していきます。

まず、効率的にFOPを貯める上でFOP単価の考え方が大事になるので、簡単に説明しておきます。

FOP単価 = 運賃 ÷ 獲得できるFOP

FOP単価とは航空券代金を獲得できるFOPで割った数値で、FOP1ポイントを獲得するのにいくらお金がかかるかの指標になります。

安ければ安いほどお得であり、一般的にはFOP単価10円以下を目指したいです。

通常FOP単価10円以下は国際線ではかなり厳しかった(30円台が普通)のですが、今回のキャンペーンによってかなり10円に近いFOP単価が出てきています。具体的にみていきます。

アジア・オセアニア路線(ビジネスクラスもしくはプレミアムエコノミークラス)を利用する

後ほど比較していますが、国際線での修行はどうしても国内線と比べると時間がかかってしまううえに残りの期間も限られているので、時間効率も重視しビジネスクラスもしくはプレミアムエコノミークラスがおススメです!FOP単価的にみてもビジネスクラスもしくはプレミアムエコノミークラスのほうがいい結果になっています。それでは、詳細に比較してみます。

日本発券で国際線搭乗の場合(普通に国際線を予約する)

JALのホームページからの通常の予約方法になります。最初に一つ注意点があって、1泊2日の日程ではかなり高額な料金設定になっていることが多いです。これは1泊2日の海外はビジネス利用が多いから高くても乗ってくれるという理由だといわれていますが、例えば以下のキャンペーンの場合などの最安の運賃などは有効期限が2日から12か月などの設定になっていることが理由です。2日とは到着翌日から2日なので2泊3日しないと安い運賃は使えないよ。ということになってしまっています。

出典:「JAL

今回は初心者の方でも行きやすい国の一つである東京(TYO)-シンガポール(SIN)を例に解説します。

例えば、9/23出発、 9/24帰国の場合を調べてみるとエコノミーでも最低片道267,000円となっておりとてもとても手が出せません。

ですので国際線で修行する場合、最低でも2泊する必要が出てくる(一部、ビジネスクラスに例外あり)ので注意が必要です。ですので普通に購入すると、サラリーマンの方などは土日どちらかに1日休暇を取得して、2泊3日にする必要があります。

それでは2泊する前提で考察してみます。

執筆(2023/08/20)時点で各クラス最安の運賃を比較してみました。すべて往復の運賃です。運賃は変動しますし10月からは燃油サーチャージの値上げが残念ながら発表されています。週末でも探せば以下の最安運賃は見つかります。最もFOP単価の安いプレミアムエコノミーの場合でも比較的探せばありますよ。ビジネスクラスだけは人気があるようで、なかなか週末は以下の最安料金は見つかりにくい傾向です。

クラスエコノミーエコノミープレミアムエコノミービジネス
予約クラスQ/NSEI
獲得FOP
(2倍キャンペーン適用後)
5,96011,53615,51226,440
運賃
(燃油サーチャージ等込)
110,450円151,160円185,450円331,160円
FOP単価18.5313.1011.9612.52
【エコノミークラス】
出典:「JAL

片道の通常時に獲得できるFOPは、以下になります。

出典:「JAL

片道1,490FOPなので、往復で2,980FOP、これに2倍キャンペーンでさらに倍して5,960FOPです。獲得できるFOPがとても少ないですね。この理由の一つは最安のQクラスの航空券は、搭乗ボーナスの対象外ということが理由です。これが、エコノミーのSなどのクラスからは対象になるので、最安運賃は修行という意味では全くおススメできません。

ですので、修行する場合のおススメがプレミアムエコノミーもしくはビジネスになってくるのです。プレミアムエコノミーが設定されている便は多くはないですが、プレミアムエコノミーやビジネスが回数的にも価格的にも効率がいい設定になっています。また修行する際の疲れも少ないので、フルフラットになるビジネスクラスもしくはFOP単価最安のプレミアムエコノミーがおススメです。

【ビジネスクラス】
出典:「JAL

片道の通常時に獲得できるFOPは、以下になります。

出典:「JAL

片道6,610FOPなので、往復で13,220FOP、これに2倍キャンペーンでさらに倍して26,440FOP!!!です。なんと先ほどの最安エコノミーの4倍以上です。楽にフライトができて、FOP単価もいいなんて言うことなしですね。

しかも初修行の方にとっては、空港のラウンジも利用できますのでビジネスクラスでの修行はとてもおススメです。

これだけでも国際線2倍キャンペーンの破壊力がわかったかと思いますが、さらにお得な裏技があるので紹介していきますね。

国際線に国内線を追加する

最初にご紹介する裏技が、1のチケットに国内線を追加する方法です。比較的気軽にできますし、地方在住の方は自動的に国内線が追加されるので東京から予約するよりもお得になります!

これは、国際線チケットに国内線を追加すると格安で国内線を追加することを利用してFOP単価を下げる技になります。今は国際線の2倍キャンペーンがあるので国内線のお得感が薄れていますが、キャンペーンがないときだと効果が大きくなります。

例えば、上記の東京-シンガポールを国内線で最もFOP単価のいい東京-那覇を追加して、那覇発の那覇-シンガポールにした場合で検証してみます。東京-沖縄の往復の国内線チケットが別に必要ですし、沖縄日帰りが必要になるのでどうしても週末だけで行くということが難しくなるので、少し長めに休みが取れることが条件になってしまうことが残念な点です。

国内線部分のFOP計算におけるマイル積算率は国際線の予約クラスの率が適用されます。そのためエコノミーQクラスだと国内線部分も30%、ビジネスのIクラスだと125%フライトマイルが積算されます。加えて、400FOPのボーナスポイントも国際線で対象になれば国内線部分も対象になるので、最安の予約クラスはやはり損!ということになるので注意です!以下の表の獲得FOPの+以降が国内線部分で獲得できるFOPとなります。

その結果、沖縄-シンガポールの場合の各クラスのFOP単価をみてみると、すべてのクラスにおいて東京-シンガポールの場合よりもFOP単価が良くなっていることがわかります。沖縄が一番破壊力があるのですが、沖縄だと国内線部分の空席の関係で値段が跳ね上がることもあります。その場合、代替地として福岡を設定してみてください。直行便がある場合などは、国内線部分がほぼ無料ということもあり得ますよ。

エコノミーエコノミープレミアムエコノミービジネス
予約クラスQSR+E(国内線Y)I
獲得FOP(2倍キャンペーン適用後)5,960+1,180 = 7,14011,536+2,768=14,30418,492+4,736=23,22826,440+5,720=32,160
運賃(燃油サーチャージ等込)127,670円168,670円249,670円348,670円
FOP単価17.8811.7910.7510.84

※プレミアムエコノミーは片道80,000円が最安運賃として設定されていますが、いろいろ調べたのですが往復80,000円+燃油サーチャージ等の料金(理論上最安 202,670円)は見つからず片道が予約クラスRの場合で試算しています。

海外発券を活用する

出典:「JAL

ここからは少し難易度が上がります。海外を出発する航空券(海外発券)を活用する方法になります。海外発券って日本に住んでいる日本人でもできるの?って思うかもしれません。でもできるんです。しかも現地に行かずに、日本でネットで海外発の航空券を予約できちゃいます。シンガポール発でいろいろ探してみましたがかなり運賃が高かったので、マレーシアのクアラルンプール発で紹介します。例えば、ビジネスクラスでクアラルンプール-東京経由-ニューヨークの往復で約682,650円です。

獲得できるFOPは、片道で6,672(クアラルンプール-東京)+8,824(東京-ニューヨーク)=15,496ポイントになり、往復で30,992ポイント、さらに今回のキャンペーンの2倍で61,984ポイントんになります。ちょっと高額になりますが、余裕をもって一撃でサファイア到達です。今回のクアラルンプール発のFOP単価は11.01円と普段ならめちゃくちゃお得なのですが、日本発券と比べてもそこまでよくはありません。やはり円安が大きく影響しているのかなぁと思っているところです。

JALの海外発券のやり方

では、海外発券のやり方を解説します。まずJALのホームページにいって、トップのバナーの右のところJapan-日本語と書いているところをクリックします。

そうすると、都市を選ぶ画面になりますので、出発地を選択します。今回はKuala Lumpur(日本語)ですね。

そうすると現地のホームページに行くので、到着地と搭乗日を入れて検索すれば上記のような予約画面になります。

東南アジア発で探せばお買い得なチケットもあることもありますので、ベトナム・タイ・シンガポールなどを探してみてください。

2と3を組み合わせた技で、例えばベトナム・ハノイ発ビジネスクラス福岡行などは、FOP単価10円台も狙える運賃設定になっています。25万円程度で22,440FOPを獲得できるので、残り少しをという場合は選択肢の一つになると思います。650ドルの最安運賃は予約クラスがXですので注意です。FOP単価メインであれば、750ドルの予約クラスIのものを選択しましょう。

日本発券すると予約クラスXで231,820円が最安なので、やはり海外発券のほうがお得感がありますね。ベトナムはビジネスクラスに空きが多いのでそういうてんでおススメの一つになります。

韓国発券の東南アジア・オセアニアを活用する(会社員におススメ)

これが現時点で最強と思っている裏技です。ちなみにANAでは価格が高く使うことができずJALでしかこの価格では設定されていません。実は秘密にしておきたいものですが、公開しちゃいます。

なぜお得かというと、まずお得な海外発券であるということです。一方で、海外発券のデメリットであるなんとかして出発地にまず行かなきゃいけない問題が、韓国がとても近いため苦にならないという点です。そしてそして、加えてなぜか安いんです。しかも、この裏技はストップオーバーを使うことで、苦労することなく会社員の方でも土日で修行が可能となっています。

ストップオーバーとは目的地以外で24時間以上滞在することを言います。つまり韓国発券の場合、経由地である東京(自宅)で長期滞在することを活用して、別々の週末に韓国と目的地に行くことができるんです。

時間に自由がある方で平日移動が可能な場合はさらに運賃も探しやすくなるので、皆さんにおススメできます。では、早速見ていきます。

まずJALのホームページからSEOULを選択し、JAL韓国のホームページに行ってください。下のほうにスクロールして自由旅程(複数都市)というところが出てきます。

出典:「JAL

自由旅程(複数都市)をクリックすると以下のような画面になります。

出典:「JAL

区間追加ボタンをクリックし、区間を4まで追加し、例えばシンガポール行きで以下のように入力していきます。日本語でもコードでも入力できますが、ある程度入力したら選択できるようになるので、選択して正式名称で入力することが必要です。

出典:「JAL

検索するとクリックして、それぞれの便を選んでいきます。自分が乗りたい便を選べばOKです。

ひとつだけデメリットがあってすべて区間4まで選ばないと料金などが表示されません。最安で行きたい場合は、多少面倒ですが日本のJALのホームページから検索して安い便を最初に選んでおくとOKです!

ただし、一つ注意点が!韓国-東京便だとビジネスクラスがない便があります。機体に73Hとあるのはビジネスクラスが設定されていないため、かならず788もしくは789と書いてある便を選択してください

出典:「JAL

今回の場合以下のような運賃になりました。しかも10月の週末に韓国、11月の中旬にシンガポール、11月末に韓国という旅程になっており余裕を持った予定が組めています。今回は(私が発見できた)最安運賃を探す関係でシンガポールが平日になっていますが、11月の週末でも+5万円くらいでは見つかりました。FOP単価は最安には及びませんが、それでもかなりお得で週末休みを利用した修行が可能になります。

出典:「JAL

片道の通常時に獲得できるFOPは、以下になります。

出典:「JAL

東京-シンガポールは、1で書いた通り片道 6,610FOPです。ですので、片道 1,821 + 6,610=8,431、往復で16,862、さらにキャンペーンで倍してドン!33,724FOPとなります!!

FOP単価は、驚異の8.4円!です。国際線でこの数字は本当にありません。

最後にソウル発券を用いて一撃でサファイアに到達するルートをご紹介します。

ソウル-メルボルンルートです。色々見てみましたが、以下が一例で50万円程度で出てきます。

片道の獲得FOPは、ソウル-東京の1,821と以下 東京-メルボルンの9,946を合わせた11,767FOPになりますので、往復で23,534FOP、さらにキャンペーンで47,068FOPとなります。初回搭乗キャンペーンの5,000FOPを加えてサファイア到達です。

FOP単価は10.69と悪くなく、ビジネスクラスの海外旅行でサファイア達成というめったにないチャンスだと思います。

ちなみに、韓国往復が追加で必要になりますので、数万円はプラスで必要です。LCCで行く方法、JALを使う方法など選択肢はかなりあります。JAL系LCCのZIP AIRなんかもよさそうです。

FOP2倍キャンペーンの受け取り方

FOP2倍キャンペーンは条件を満たして、搭乗すれば自動的に2倍で計算したFOPが付与されます。事前のキャンペーン参加登録などは不要です。

受け取り方は以下の3つのステップです。

FOP2倍キャンペーンの受け取り方
  1. JALマイレージバンクに入会する
  2. 国際線に搭乗する

JALマイレージバンクに入会する

FOP2倍キャンペーンはJALカード発行がマストではありませんので、まだJALカードが手元にない方でもJALマイレージバンクに入会すれば対象になります。

しかし、海外の場合は航空券も高額になりがちですので、せっかくであればJALカードを作成しJALカードで航空券を決済することでマイルもたまりますので、この機会にJALカードを作っておきましょう。

おすすめのJALカードについても、JGC修行のポイントや最安ルートの記事に記載していますので参考にしてください。

国際線に搭乗する

あとは国際線に対象期間内に搭乗するだけです。その後は2倍のFOPが付与されるのを待ちましょう。

初回搭乗5,000FOPプレゼントキャンペーンの受け取り方

初回搭乗5,000FOPの受け取り方は、以下の3つのステップになります。こちらはキャンペーン登録が必要なので、注意が必要です。搭乗後でもいいので忘れずに登録しましょう。

初回搭乗5,000FOPキャンペーンの受け取り方
  1. JALカードに申し込む
  2. キャンペーンに登録する
  3. JALグループ国内線またはJAL国際線に搭乗する

JALカードに申し込む

初回搭乗5,000FOPプレゼントキャンペーンはJALカード会員限定のキャンペーンのため、JALカードに申し込みをしましょう。発行するカードには特に指定はありません。

ただし、JALの上級会員組織であるJALグローバルクラブ(JGC)を目指されるのであれば、JGC入会条件であるJAL Club-A以上のカードがおすすめです。

キャンペーンに登録する

カードの発行が完了すれば、キャンペーンに登録しましょう。初回搭乗後の登録でも5,000FOPは付与されるので安心してください。

JALグループ国内線またはJAL国際線に搭乗する

登録が完了すれば、JALグループの国内線またはJAL国際線に搭乗した月の末日に自動的に5,000FOPが付与されます。

私の場合は早速1月に初回搭乗したのでこのように付与されています。

初回搭乗5,000FOPプレゼントキャンペーンの受け取り方の例

2023年のキャンペーン利用に関する戦略

2023年はキャンペーンがないと思っていましたが、上期に大阪発着のキャンペーンが下期にANAを追従する形で国際線のキャンペーンが発表されました。

2022年の傾向を見てもJALが予約率を上げたい路線をターゲットにキャンペーンを設定しているのではないかと考えています。上期の大阪のキャンペーンの記事で下期に追加キャンペーンが来たらラッキーとかきましたが、国際線の2倍キャンペーンが来て今年 国際線を利用してステイタスを獲得する大チャンス到来といえます。会社員の方などまとめて休みをとれないひとでも週末だけで安くサファイア獲得の方法も記事で紹介してきました。

最後に国際線で効率的にFOPを貯めるポイントをまとめておくと、以下の3つです。

2023年FOP2倍キャンペーンのポイント
  • 最安運賃を選択しない(時間がかかって効率が悪すぎるうえにFOP単価もよくない)
  • 韓国発などの海外発券推奨
  • 海外発券が手間だなぁと思った場合は、国内線を追加(特に地方在住の方)

ぜひ、効率的に今年のうちにサファイアさらにはJGCプレミア、ダイヤモンドの達成を目指してみてください。

過去に開催されたJALのFOPキャンペーン

FOP2倍キャンペーン※2023年は大阪発着限定

ホントに急遽発表されたキャンペーンで、驚きました。

今年はキャンペーンないかもと思っていたところで、2/15に突然の発表だったうえ、期間も短いので早めの計画・予約が必要です。

しかもキャンペーンへの事前登録が必要でしたので、公式エントリーページから忘れずに登録する必要もあります。

今回は、大阪発着限定になり、対象路線は以下になります。

出発地点到着地
大阪(伊丹)札幌(新千歳)/函館/青森/三沢/花巻/秋田/仙台/山形/新潟/東京(羽田)/但馬/出雲/隠岐/松山/福岡/大分/長崎/熊本/宮崎/鹿児島/奄美大島/屋久島/沖縄(那覇)
大阪(関西)札幌(新千歳)/東京(羽田)

対象運賃は以下の通りとなっています。

  • 大人普通運賃
  • 往復割引
  • 障がい者割引
  • JALビジネスきっぷ
  • eビジネス
  • 特便1・3・7・21
  • 株主割引
  • 当日シニア割引
  • スカイメイト
  • 乗継割引7
  • 特別乗継割引

先得割引と関空-沖縄便が対象外になっているので、予約時注意してください。

ABOUT ME
PrimeTravel
PrimeTravel
プライムトラベル編集部
PrimeTravelでユーザーの皆さんだけではなく家族や恋人などの人生も旅を通して豊かになれば幸いです。 最高の旅行ができるよう旅行に関する情報を多く発信して日本の旅行業界に貢献していきます。
記事URLをコピーしました